2016/07/03

ブログを引っ越します

こちらで、長くお世話になってきましたが、このたび、自分でワードプレスでブログを作成しましたので、そちらに移行することにしました。

お気に入りに入れてくださっている方がもしおられましたら、以下のアドレスに変更をお願いいたします。

| | コメント (0)

2016/04/09

開校15周年

今日、4月9日は、パソコンスクール庚壬塾の15周年記念日でした。

Img_1680

15年前、3台のパソコンから始まった教室ですが、多くの方々との出会いに支えられて、今日の日が迎えられました。
 
チラシにも書きましたが、私の教室づくりの原点は、いつも「自分の家族が通ってくれるとしたら、どんな教室だったら楽しんでくれるだろう」という思いです。
離島に一人暮らしをしていた母や、体にハンディキャップを持つ姉の姿をみて、同じような立場や境遇の方がたに、パソコンの楽しさを伝えて、もっと世界を広げてほしい、と願って教室を開きました。
 
天然木のテーブルに置いたパソコン、お茶の時間にはコーヒーを飲みながらおしゃべりでほっと一息、開校時からこのスタイルはずっと同じです。
教室として特別なことを授業しているわけではありません。本当にパソコン教室らしいことを、パソコン教室らしく、みなさんにレッスンしている教室です。
 
たとえば、「タッチタイピング」の重要性を熱弁していたり、エクセルの面白さを理解してもらおうと、「エクセルさんってね・・・」と擬人化してその仕事ぶりを説明していたり。
私は、毎日大好きな仕事を、大好きな場所で、大好きなお客様と一緒に楽しんでいる間に15年が経ちました。
 
途中、いろいろ悩んだりすることもありましたが、とっても幸せな15年間でした。
今日のお茶の時間に、最近入校された方に言われたのですが、「もう何年も前から、この教室のチラシをみて、ずっと来よう、来よう、って思ってたんです。先生の写真をチラシや広告でよく見かけていたので、ここに来た時もなんだか初めて会った気がしませんでしたよ」と言って笑われました。
 
何年も同じ写真を使っているので、実際にお会いすると「なんだ、写真より老けてるやん」ときっと思われただろうと思いますが(笑)やっと出会えてうれしいです。
15年といえば、子供だったら義務教育が終わるころ。少し大人になって自立への道を歩き出すころですね。
 
さて、次の5年、10年に向けて、どんな道を歩いていこうか、考えています。
これからもみなさんにわくわくをお伝えするために、教室はどんなふうに変わるべきか、また、どこを守っていくか、スタッフと一緒に、また楽しみながら歩いていきたいと思います。
 
どうぞこれからもパソコンスクール庚壬塾をよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2015/12/31

1年ぶりの・・・今年もお世話になりました

毎年恒例の、紅白を見ながらの年末のご挨拶の時間になりました。

今年は、まずはお詫びから書き出さないといけません。
なんと、このブログの更新が、1年ぶりだという・・・(^^;;;;
大変申し訳ありません。
こんなにさぼってしまって、知らない方が見ると、果たして生きてるのか?と心配されるほどかもしれません。
教室のブログはもう一つあって、「ケロ子のスクール日記」の方は頻繁に更新されているので、受講生の皆さんは、教室が元気に営業中であることはご存知だとは思いますが・・・。
今年は、個人的には、とても幸せなできごとや、楽しいことが多かった年でした。
9月に、母の米寿のお祝いをしました。家族みんなで、元気な母の長寿のお祝いができることはなんといっても幸せです。
このブログを始めたころ、母は72歳。地元でIT講習会などにも出かけて、パソコンを少し独学で練習していました。
教室は、その母が、もし通うなら、こんな教室だったら習いやすいんじゃないかな、と思って作ってきました。
離れて住んでいるので、自分の親には通わせるわけにいきませんでしたが、あのころの母と同じ年代の方々が、楽しんで通っていただける場所にはなれたんじゃないかな、と思っています。教室には、小さな子供さんから、大学生、社会人、そして、米寿を迎えた母より、もっと先輩の、卒寿を過ぎた方も通ってきておられます。
教室は、来年、15周年を迎えます。
ここまで支えてくださった方々に深く感謝するとともに、これからも、年齢にこだわらず、どの世代の方にも、パソコンを楽しんでいただける場所になれれば、と思っています。
そして、パソコンのみでなく、人生を楽しむこアイディアをもっともっと提供できる場になりたい、と思っています。
今年1年、ご支援いただき、本当にありがとうございました。
来年も、みなさんにわくわくしていただける教室にできるよう、スタッフ一同、はりきってまいります。
また、新しい年も、「こうしんじゅく」をなにとぞ、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2014/12/31

今年もお世話になりました

こんばんは。

パソコンスクール庚壬塾の金丸です。

あと数時間で新しい年が始まります。

パソコンスクール庚壬塾も、来年は14周年。そして15年目を迎えます。

今年もたくさんのお客様との出会いがあり、それぞれの方の人生にほんの少しだけどかかわらせていただきました。Dsc00897_640x426

お客様が笑顔で楽しんでくださることは私どもの喜びです。

「正直、こんなに続けることになろうとは思ってなかった。楽しんできてるうちにいつの間にかね」とおっしゃってくださった方があります。

そんなお客様がおられることが、パソコンスクール庚壬塾の誇りです。

「大切な人に通わせたい」創業時からのそのポリシーはそのまま。

通ってくださった方が、もっと生き生きと楽しめる場所になるように。

新しい世界が広がる場所であるように。

そんな教室をこれからも目指していきます。

どうぞ、皆様、よいお年をお迎えください。

そして、新しい年も、また、よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2014/07/31

Wordとの付き合い方

こんにちは、金丸です。

またまたずいぶんご無沙汰してしまいました。年末にこのブログを投稿してから、もう半年も過ぎてしまいました。

このままいくとまた年末になってしまいます(笑)これではいけません。多少なりとも、今年は成長した、と言って終わりたいものです。今年の後半戦は、もう少しまめな人を目指したいと思います。(^^)v

さて、教室で受講されているソフトで最も多いのはやはりWordです。

Wordをレッスンされている皆さんの最も多い戸惑いの原因は、おそらく、Enterキーで新しい段落をつくったとき、前の段落で設定した書式がそのまま新しい行に引き継がれてしまうところではないでしょうか。

だいたい、次のような感じです。

  ① 1行目に日付を入力し、右揃えにする。
  ② その後、Enterキーを押して新しい段落を作る。
  ③ 2行目の文字は右揃えに入力される。

③の時点で、右揃えになっている書式を、左揃え、もしくは両端揃えにしなおせばよいわけですが、毎回このような作業はなかなか面倒です。

Wordとのおつきあいの仕方の基本としては、

  ●まず文字入力に専念する
  ●書式設定は最後のお楽しみ。

このようにお伝えしますが、なかなか、一つずつ上の行から入力したそのときに、忘れないように書式をつけていきたいのが人情というものですね。まじめな方ほどその傾向があるようです。

引き継がれるのが右揃えだけ、とか、文字サイズだけ、と単純な書式ならよいですが、なかにはフォントや下線など、さまざまな書式をつけた段落をそのまま引き継いでしまう場合があります。

その際にワンタッチで戻す方法があります。

書式を、標準の書式に戻したい場合は以下のようにします。

  ①該当する部分をドラッグして範囲選択します。
  ②Ctrlキーを押しながら、スペースキーを押します。

これで、標準の書式に戻っているはずです。

ホームタブの「書式のクリア」ボタン(フォントサイズのボタンの4つ右側の、消しゴムのイラストがついているボタンです)でも、同様のことができます。

お試しくださいね。

20140729_163113_640x360


写真は、先日、ご近所の花屋さんからいただいた「八重咲きのひまわり」です。

今、教室のカウンターにこの花を飾っています。
ひまわり、というと、照り付ける太陽の下で咲く背の高い大輪の花を連想していましたが、こんな風にやさしい感じの花があるんだなぁ、としみじみ眺めています。

このやさしい黄色と葉っぱの穏やかな黄緑色の組み合わせは、実は私が一番好きな組み合わせの色なのかもしれません。それくらい、この花を見るとなんだか気持ちがほのぼのと明るくなります。

「太陽に向かって咲く大輪のひまわり」はなんだかとても強いイメージがあります。もっとも夏らしい、元気な花です。

でも、人はいつもいつも、そんなに強く、積極的な気持ちではいられません。ときには、この元気なひまわりがまぶしすぎることもあるかもしれません。

そんなときは、こんなやさしいひまわりの穏やかさに、「どんまい!また明日!」、って背中を押してもらうのもいいんじゃないかなぁ。

| | コメント (0)

2014/01/01

一年間、お世話になりました&ハッピーニューイヤー!

こんばんは。

もうこのブログを書く時間になってしまいました。
(例年、年末ぎりぎりに、ご挨拶のブログを書くことにしていました。)

ところが、今年のブログを読み返そうとして、愕然( ゚Д゚)

3月のブログが最後で、もう今日のブログにたどり着いてしまいました。

実は当スクールには2つのブログがあって、「ケロ子のスクール日記」のほうでは、割と頻繁にお客様の受講の様子や、試験に合格された皆様の笑顔を掲載させていただいていましたが、それにしても、ちょっと間を開けすぎましたね。

今年も、たくさんのお客様とのご縁があり、幸せな気持ちで1年を終えることができます。

年末には、毎年恒例のミニ門松をもってきてくださる方があったり、プリザーブドフラワーの素敵な作品を、わざわざ教室のためにデザインして作って下さった方があったり、そして、玄関に大きな門松を立ててくださった方があり、みんな、お客様の手作りのものでにぎやかに、飾っていただきました。

本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。おかげで、とても温かい気持ちで年越しができました。

年末、事務所の中を少し整理した際、古い年賀状や、卒業されるときにいただいたお手紙などを見つけました。

卒業された後で、もう一度ご縁のあった方もあれば、別の方をご紹介いただいたり、または新たに入会された方のお話で、卒業された方の近況がわかったり、と当スクールがこの地で多少なりとも、ご縁のある方々が増えてきたんだな、と今年は実感させられた1年でした。

12年の一回りがおわり、来年は13周年になります。

こうしんじゅくは、少しずつ新しくなります。

でも、それは、今までにやってきたことをやめることではなく、また、がらりと新しく変化させることでもありません。

でも、生まれ変わっていきたいと思っています。

変わらずにいる、そのために、変わっていかないといけない。そんな感じです。

この1年、本当にありがとうございました。

あ、書いているうちに、年が明けてしまいました(笑)

あけましておめでとうございます。

今年も、新しくなっていくこうしんじゅくを、よろしくお願いいたします。

今年も、みなさんに、わくわく、をたくさんお届けできる楽しいパソコンスクールであるように、スタッフ一同、頑張りたいと思っています!

| | コメント (0)

2013/03/25

タブレットを使う80代

東京に出張してきました。

主な目的はタブレットのビジネスアプリの研修会でした。

教室では主に個人ユースで、日常生活で楽しめるアプリを講座でご案内していますが、今回のセミナーでは事業の中で役立つアプリの活用をいろいろ勉強させていただきました。

この件に関しては、また別記事で詳しくご紹介させていただきたいと思います。

また、セミナーの後は、お仲間の教室がどのように取り組まれているのか、タブレットのことも含めて、それぞれの教室の素晴らしい点をお伺いすることもできました。時間があまりなかったので、まだまだ話したりない点も多々ありつつも、大変有意義なセミナーだったと思います。

セミナーの後、数日間、実は教室は5週ある曜日のためにお休みだったので、私は東京に少し残って、学生時代の友人に会ったり、親や兄弟に会うなど、少し個人的なことに時間を使わせていただきました。

___4
上の写真は、新幹線の中から撮った富士山の写真

20130321_122559_4
こちらは、幼稚園からの幼馴染と一緒に行った上野公園です。両方とも、ケロコのスクール日記にも紹介されていますが、私の会心の一枚なので、こちらにも(笑)

ところで、せっかくのチャンスだったので、80代の母に、タブレットを1台置いて帰ってきました。

日頃、ラジオの使い方がわからない、家の中のあちこちで聞きたいのに持ち歩くのが重たい、とか、音楽が聴きたいけど、CDも使い方がよくわからない、などとこぼしていましたので、何とかしてあげたいな、と思っていたのです。

radikoとか、「らじるらじる」のアプリを入れて、わかりやすいように配置して、あとは、最近文字が小さい本が読めないとのことだったので、青空文庫のアプリを入れて、文字を見やすい大きさに設定しました。

ホームページも、ときどき、チェックしたいページだけはすぐに表示されるようにしておきました。

これで、少しタブレットを使ってみよう、と思ってくれたらいいかな、と思います。

少なくとも、渡した当初は、指でさわるだけで立ち上がり、操作が簡単なタブレットにごきげんな様子でしたので、今日も、明日も、怖がらずに触ってくれたら、きっと大丈夫だと思います。

母が聴きたがっている音楽があるのですが、DropBoxに、こちらから音楽ファイルを入れてあげたら母のタブレットで聴けるようにもしておきました。

70代のころに初めてパソコンを触った母ですが、80代で初めて携帯電話、そしていよいよタブレットの世界に突入です(笑)

タブレットの設定にあたっていくつかのアカウントを作成しましたが、そのうちの一つを母がすぐに思い出せる数字の羅列にしてあげようと思い、「ソラで言える日付っていつ?」と尋ねると、とある日付を元号からすらすら~っと口にしました。

「それって、なんの日?」と尋ねると、なんと、結婚記念日でした。

父が亡くなってもう18年も経ちますが、なんだかちょっとほろっとさせられました。

| | コメント (0)

2012/12/31

1年間お世話になりました

あと数時間で今年も終わります。

今年も、こうして、皆様にご挨拶ができる、この幸せな時間を過ごせることに、心から感謝しています。

おかげさまで今年も多くのお客様とのご縁をつなぎ、そしてまた「来年もよろしく」とご挨拶をして授業を終えることができました。

今年は、新しくタブレットの講座にも取り組み、特に、シニアの皆様に、このようなIT機器の新しい楽しみをお伝えすることができました。

月に1度のタブレットの講座では、初めて触れるIT機器への関心の深さもあって、皆さんととても楽しい時間を過ごすことができました。

「うわ~~!」「おもしろ~い!」「これはいい!便利!」「すごい!」新しいアプリを勉強するたびに、そんな歓声が毎回あがっていました。

私は、こんなわくわくする感動を皆さんにお伝えしたくて、この教室を開いたのだった、とその原点を思い出させていただく時間でした。

当教室も、来年は開校12周年を迎えます。

時代に合わせて新しいことに目を向けていくことも大切ですが、私は、大切なことは変わらないと思っています。

それは、「新しいことを知ることはわくわくして楽しい」ということ、「一人じゃなくてみんなでその楽しみを共有できたらもっとずっと楽しい」、ということ。

私どもの教室は、その楽しさをお伝えするために用意された場所である、ということ。

今年は、月刊誌「いーみる」に、マルチブックを完成されたときや、MOSの試験に合格されたときの皆様の笑顔の写真を毎月掲載させていただきました。皆様の、「できた!」のあの笑顔が、私どもの誇りであり、原動力です。

ご協力いただきました皆様には心よりお礼申し上げます。

この1年、ご愛顧いただきまして、本当にありがとうございました。

干支が一回りして、また新しい1年目が始まる来年。

もう一度教室の歩いてきた道のりを見直して、原点に戻る時が来たのだと思っています。

今までにいただいた皆様の笑顔を糧に、より一層、皆様に楽しんでいただける教室、パソコンを通じて、もっともっと新しいことを知る喜びをお伝えするために、全力を尽くしてまいりたいと思っています。

今年も懇親会や、バスツアーで楽しんでいただきましたが、来年も、さらに皆様に喜んでいただける企画を準備させていただく予定です。どうぞご期待下さいね!

それでは、どうぞよいお年をお迎えください。

| | コメント (0)

2012/12/24

メリークリスマス!

昨年、このブログに、幼い頃、サンタからの手紙をもらった、というお話を書きました。クリスマスの朝、プレゼントのかわりに枕元に置かれていたお手紙の話です。

http://kousinjuku.way-nifty.com/fuukei/2011/12/post-341e.html

探していたら、面白いサイトを見つけました。
「サンタさんはいまどこに?~ノーラッド・トラックス・サンタ(NORAD Tracks Santa)」

http://www.noradsanta.org/ja/

Sc20121224011218_5サンタが今どこでプレゼントを配っているか、一緒に追跡できるサイトです。

なんとiphoneとか、Androidのアプリもあるようです。待っている間、ゲームも楽しめるようになっていますね。ちなみに、サンタクロースはまだ出発していないようです。

私の幼い頃に、このアプリを知っていたら、がっかりしないで待てたかも、しれませんね(笑)

福岡は寒波の襲来で、今年は、ホワイトクリスマスになるかも、との予報です。

24日は祭日の振り替え休日ですが、実は教室は朝からほぼ満席。

クリスマス・イブも返上して教室で頑張る皆さんに、メリークリスマス!皆さんにたくさんの夢と愛と幸福が降り注ぎますように。そして、世界中の子供たちにも。

サンタさんがもしちょっと遅れたとしても、きっと、すっごく素敵なプレゼントを用意してくれてるから、楽しみに待っていましょうね!

| | コメント (0)

2012/11/01

バスツアーに行ってきました

2年ぶりの日帰りバスツアーを開催しました。

前日までの曇ったり降ったり、突風あり、のぐずぐずしたお天気も一変して、抜けるような秋晴れの青空のもと、楽しい1日を過ごすことができました。

バス会社は前回と同じ会社を利用させていただきましたが、なんと2年前に担当して下さった方と同じ運転手さんで、2年前のことも、よく覚えていてくださいました。

ちょっと早口のご住職のおもしろ説法、国宝の富貴寺、昭和の町、そして宇佐神宮、と計画が盛りだくさんたったこともあり、皆さんには、少し、忙しい思いをさせてしまったかもしれない、と、戻ってきてからずいぶん反省しました。

Dsc_0056当日はとてもお元気に石段も登っておられましたが、今頃、だいぶお疲れが出た方もおられるのではないかと少し心配です。

昭和の町では、小学校の教室で、体験授業を受けていただきました。、

ほんとに小学生に戻ったように紙芝居や、音楽の授業を楽しんでいただきました。

今年は、計画段階から旅行会社を通さず、全部自分たちでコースの設計を行いました。

ツアーの方の目印に、と皆さんの胸につけていただくシールを作成したのですが(もちろんケロ子のシールです)昭和の町で、案内して下さる方が、「カエルのバッヂをつけたツアーの方、こちらへどうぞ~」なんて、呼んで下さったり、「カエルのバッヂ、すごくかわいいね~」とスタッフさん同士でお話されてるのを耳にすると、ちょっと、誇らしい気持ちでした。

オリジナル、ってこういうところが楽しいですね。

バスの運行もほぼ予定時間通りで、帰りは少し早目に、筑紫駅前に帰着できました。
しかし、思い起こすと、いろいろ、行き届かない点があったなぁ、と、反省することばかり。

でも、秋の1日を皆さんと一緒に過ごすことができて、本当に楽しく、幸せでした。

次回、企画する際は、もっとゆったりと、楽しんでいただけるようなコースづくりを目指したいと思いますので、ぜひ、またご参加くださいね。

当日の様子は、お配りするお便りでまたじっくりご覧ください。参加された皆さんには金曜日の授業から、お渡ししていきますのでお楽しみに。

教室にも掲示しますので、参加されなかった方々も、どうぞゆっくりご覧ください。

| | コメント (0)

2012/10/01

Faceboook講座その1

昨日、タブレット講座を受講されているみなさんに、Facebookの講座を行いました。

Facebookはパソコンからも、スマートフォンからも、タブレットからも、気軽に楽しむことができます。

若い方でも、「いつの間にか友達申請しちゃってて、よくわからないんです、どうなってるのか」とご相談を受けることもあるほど、最初はその実態がなかなかつかみづらいところがあります。

Facebookは実名登録が原則です。顔や名前を出すのであれば特に、プライバシーやセキュリティの設定をきちんとしておかなければなりません。

昨日の講座は主にその部分にしぼって行いましたので、まだ投稿を楽しめる、というところまでは行けませんでした。

次の回で、実際に写真を投稿したり、お互いに友達申請を出し合ってみたり、チャットをしたり、ということにつなげて行く予定です。

そういうパソコンからの投稿や、自分のプロフィールの設定が自由にできるようになったところで、タブレットからの投稿にチャレンジしていただくことにしています。

いろいろな方のお話をうかがうと、何気なく始められている方もおられるのですが、実際にご自分のプライバシーの設定がどのようになっているかを一度確認してみられることをお勧めします。

ところで、昨日登録していただく際に、プロフィール用の画像と、カバー用の画像を制作していただきました。

次の手順です。

1.タブレットで写真を撮影する

2.DropBoxのカメラアップロード機能で、写真は自動的にDropBoxへ

3.パソコンで、ご自分のDropBoxへサインイン

4.目的の写真をダウンロード

Dropこれで、写真はパソコンに取り込まれました。

あとは、画像編集ソフトを使って写真のサイズを調整したり、編集していただくだけです。

ドロップボックスはこんな時に本当に重宝しますね。

自分のパソコンではない場所でちょっと使いたいときは、インストールする必要もなく、サイトにアクセスしてサインインするだけで使えます。

ところで皆さんがご自分のプロフィール用に選ばれた画像は、ペットの可愛い写真だったり、旅先の、風情の感じられる写真だったり、それぞれのセンスの光る写真ばかりでした。なかに、教室の入り口のお花を使ってくださったり、毎年、お渡ししている誕生日プレゼントのミニブーケをカバー写真にしてくださった方もあり、なんだかうれしくなってしまいました。

こんな感じです。素敵でしょう?

561534_109974199158786_1725940922_n

ちなみに、当スクールのFacebookページもありますので、もし、お客様の中で、Facebookのアカウントをお持ちの方は、どうぞお立ち寄りください。主に「ケロ子のスクール日記」へのリンクをシェアしていたりします。最近ではタブレット講座の様子などをご紹介しています。下のバナーをクリックすると、弊社のFacebookページへジャンプします。

Facebookを始められたお客様と、教室との交流の場として設けましたので、お気軽にコメントなどをいただければうれしいです。

「いいね!」を押していただけると、もっとうれしいです!!(笑)
パソコンスクール庚壬塾

パソコンスクール庚壬塾では、毎月、1回のペースで楽しいタブレット・スマートフォン講座を開催しています。

今後の開催予定は以下のページから。

また、福岡県外で、受講をご希望の方は、同ページ内のパートナー校のリストよりお近くの教室にお問い合わせください。

それぞれの教室で、楽しくわかりやすいスマホ・タブレット講座を開催中です。

今後の開催予定および、全国のスマホ・タブレットのスクールのパートナー校の一覧はこちら

| | コメント (0)

2012/08/09

67回目の原爆の日

20120517_001235


今日は長崎の「原爆の日」でした。

もう67回目を迎えました。

この日を特別な日として教育を受けた元長崎県民の使命として、何か少しでも、この日を忘れないでいて、と一人でも多くの人に伝える役割があるような気がして、ブログに向かっています。

今年は、平和祈念式典に、原爆の投下を命じたトルーマン大統領のお孫さんも参列され、「被爆者から聞いたことを本にまとめたい。オバマ大統領にも手紙を書き、核のない世界を望むメッセージを届けたい」と、核廃絶への思いを共有して下さったとのこと。

また、ルース駐日米大使ほか、英、仏の核保有3カ国大使も初参列されたました。

時間はあの日から確実に流れ、そしてまた、広島や長崎の祈りも世界に届き、少しずつ、少しずつ、広がりつつあるのだと信じます。

もう、ずいぶん前、何年か前のことですが、Yahooかどこかで、原爆の日のニュースに、コメントがつけられていて、ある人が書かれたコメントにとても深く感じるものがありました。

「広島、長崎の人々は、いつまでも誰が悪かったとか、恨みや憎しみを言い続けているのではない。ただ、世界中の人に、核兵器によって引き起こされた悲劇を知ってほしい、そしてその痛みに共感してほしい、と思っているのだ」と、そういう意味のことが書かれていました。

この方が被爆された方かその関係者であるかどうかは定かではありませんが、私自身は、とても深くうなずきながらコメントを読ませていただきました。

機会あるごとに、私も訴えていきたいと思います。

「長崎を、最後の被爆地に」ノー・モア・長崎、ピース フロム 長崎

考えてみれば、世界で唯一、放射能の怖さを思い知らされた国が、平和な時代になって何年も経ってから、また、放射能の被害で悩まされ続けている現実はなんとも皮肉なものです。

核兵器のみならず、平和利用としての原子力エネルギーの在り方でも、今、人類はとても重要な選択を迫られているのかもしれません。

ちなみに、長崎市の、平成24年平和宣言文 全文は以下にあります。

http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/

| | コメント (0)

2012/07/27

PowerPoint2003で、プレゼンテーションパックにしたらスライドショーに文字が表示されない

PowerPoint2003を使って、娘さんへの誕生日プレゼントのスライドを完成されたAさん。

教室では、2010のバージョンを使われている方が大半なのですが、Aさんは、MOSの受験のためにご自宅に持っておられるのと同じ、2003バージョンで勉強を始められました。

プレゼンテーションパックといって、PowerPointがインストールされていないパソコンでスライドショーを実行するための機能を勉強される際に、娘さんへの誕生日プレゼントを思い立たれました。

3
数ヶ月前から取り組まれて、誕生日に間に合うように完成されました。

ところが、いざ、プレゼンテーションパックにして保存すると、なぜか、1枚だけスライドショーに、文字がまったく出なくなりました。

通常のパワーポイントのファイルとして、スライドショーを実行すればきちんと動いていますが、なぜか、プレゼンテーションパックで見ると、文字がまったく表示されません。

いろいろ調べて、次のようにすればうまくいきました。

①まずはPPTのファイルを、単一Webファイル(mhtmlファイル)として保存します。
②PPTから、そのmhtmlファイルを直接開きます。
③そのまま、プレゼンテーションパックを作成します。

これで、プレゼンテーションパックのほうでも、きれいにスライドショーが実行できました。

なぜスライドショーに文字が表示されなくなったか不明ですが・・・

で、ここまでやって、気付いたのですが、PPT2003のファイルではありますが、そのまま、PPT2007でプレゼンテーションパックとして保存すれば、まったく問題なくできた、ということがわかりました。

う~ん、奥が深い・・・(^^;;

PowerPointは、2010バージョンからは、パソコン購入時にプレインストールされていることが増えてきました。

今までビジネス用途で使われてきたPowerPointですが、うちの教室では、旅行やイベントの際の楽しいスライドショーやビデオファイルを作成するという用途で使われることが多くなってきました。昨今の人気講座の一つです。

アニメーションやBGMの微妙なタイミングや、画面切り替え効果のこだわり、などなど、ビジネス用途より趣味のために使われるほうが、圧倒的に、深く突っ込んだ使い方をされている気がします。

| | コメント (0)

2012/07/23

あまりに楽しそうだったので・・・(タブレットを使いこなすシニアのみなさん)

昨日は6回目のタブレット講座でした。

いつものごとく、いろんな雑談あり、タブレット談義ありの、楽しい2時間でした。

Image3_2今回は、ドロップボックスというアプリを使って、タブレットで撮影した写真をパソコンで見たり、逆に、パソコンで保存した文書をタブレットから開いたりしていただきました。

「なんで、なんで???なんだか、手品見てるみたい」と感動されることしきり。

「クラウド」ということについて、少しご説明して、なんとなく原理はわかっていただけたようではありますが、やはり、みなさんの頭の上にはたくさんのはてなマークが飛んでるようにも、見えました(笑)ま、原理がはっきりわからなくても、便利さだけはご理解いただけたようです。

この機能を、若い人が職場で使われているのを見ていて、どうやってるのかしら、と思われていたそうで、「これで、私も使えるわけね!」と大変喜んでいただきました。

ところで、昨日の参加メンバーのKさんのご紹介で、土曜日に1名ご入会がありました。

Kさんは、趣味で、よくバスツアーに参加されるのですが、先週、おひとりで参加されたところ、同じくおひとりで参加された方とお友達になられたとのこと。

Kさんは、タブレット持参でツアーに参加され、津和野までの道中、バスの中でナビを出して道順を調べてみたり、行く先々のことをネットで調べたりしながら、楽しまれていたそうです。

お友達になられた方は、Kさんのご様子があまりに楽しそうだったので、「それは何ですか?」とタブレットのことをお尋ねになり、いろいろKさんからお話を聞かれるうちに、「そんなに楽しいなら、私もパソコン教室に行ってみよう」、ということで、さっそく、スクールに見学に来られ、そのままご入会いただきました。

どんな宣伝より、やっぱり、心から楽しんでいただくことが一番ですね。

これからも、みなさんに、もっともっと、パソコンやタブレットを楽しんでいただけるように、いろいろ、工夫を凝らして授業をしていきたいと思います。

パソコンスクール庚壬塾では、毎月、1回のペースで楽しいタブレット・スマートフォン講座を開催しています。

今後の開催予定は以下のページから。

また、福岡県外で、受講をご希望の方は、同ページ内のパートナー校のリストよりお近くの教室にお問い合わせください。

それぞれの教室で、楽しくわかりやすいスマホ・タブレット講座を開催中です。

今後の開催予定および、全国のスマホ・タブレットのスクールのパートナー校の一覧はこちら

| | コメント (0)

2012/07/06

天の川にお願い

明日は七夕ですね。
皆さんはどんな願いを短冊にこめますか?

2_2


小さい頃は、笹竹に、短冊を飾り付けるのを毎年のようにやったものです。
短冊を結ぶこよりをよるのは母の役目でした。私は何度やってもうまく母のようにすっと細くしっかりとよれたことがありませんでした。

昨今は少し事情が変わったようで、なんと、ツイッターを短冊がわりに、お願いごとをつぶやいている人たちがあるようです。

ツイッターには、ハッシュタグという機能があります。
#記号に続けて{#○○」(前後にスペースを入れる)と入れて投稿すると、その発言が検索画面などで一覧できるようになり、同一のテーマに沿って述べられたさまざまな意見が閲覧しやすくなります。
たとえば、「@映画」だったら、映画の感想だったり、「@短歌」だったら、自作の短歌を投稿してみたり、いろいろ、楽しい使い方があります。
たとえば大河ドラマの感想を、「@NHK」というハッシュタグをつけて投稿すると、以下のような画面で検索して一覧表示することができます。

http://twitter.com/#search?q=%23NHK

で、今夜は、
#天の川にお願い というハッシュタグが作られ、みんなでのつぶやきがたくさん集まっているようです。

さっき少しのぞいていたのですが、短い時間にどんどん、投稿数が増えていきます。

みんなどんなことをお願いしているのかなぁ、と覗いてみると・・・
「全ての人の願いが叶いますように」
「みんなが悔いのない試合ができますように」
「世界中がいつも笑顔であふれていますように」
「大切な人が幸せでありますように」
「一日も早く被災地の方が幸せになりますように」とか

自分のことではなく、家族や友達、周りの人の幸せと笑顔を祈っている投稿にあふれていました。
日本は、ほんとに、すばらしいなぁ、ってじ~んときてしまいました。
ユーモラスな投稿もあるし、また、自分自身のことについても「働かせて下さい」という切実なものや、「自分の努力が報われますように」とか「○○が実現しますように」と力強い夢への思いもありました。
多くは若い方だろうとは思うのですが、自分のことより、先に、周りの人の笑顔や幸せを祈ることのできる人は、本当に素晴らしいと思います。
ツイッターのアカウントはなくても投稿を閲覧出来ますので、皆さんも少し覗いてみてくださいね。わかりづらいコメントもいくつかあるようですが、一人ひとりの願い事は読めると思いますので。

https://twitter.com/#%21/search/realtime/%23%E5%A4%A9%E3%81%AE%E5%B7%9D%E3%81%AB%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84

その他、このハッシュタグは災害時にも力を発揮します。
また、節電、クールビズ、などのハッシュタグもこの夏、活用されそうですね。

#jishin  地震に関するツイートに付加するハッシュタグ
#setsuden 節電に関するツイートに付加するハッシュタグ
#coolbiz クールビズに関するツイートに付加するハッシュタグ

| | コメント (0)

2012/06/19

ネットで顔の見えるおつきあい

最近、本などはほとんど、AMAZONを利用して購入しています。

最近も、あることを勉強しようと、探したテキストが、実は新品のものが品切れでした。

Amazonは、このような場合、マーケットプレイスといって、その本を持っている別の出品者から購入できるシステムがあります。

今回、私の探していた本は、マーケットプレイスに出品されていた業者の方から購入しました。

商品の説明には、「目立った傷みもなく、状態は良好」、と書かれていました。

注文した翌日、その業者の方よりメールが届き、「良好、と説明したが、裏表紙にヨレがあるのが見つかったので、値引きします」とのことでした。代替の本を探したが在庫がなかったので、値引きで対応する、とのことでした。

20120619_173053_2私は、相当、大きく裏表紙がヨレているのかしら、と心配しながら待ちましたが、届いてみてびっくり。

ほとんどといっていいほど、傷みはわかりませんでした。言われなければ気付かなかったかもしれません。

ほかの出品者のものは、そこよりいくらか高い値段がついていて、定価より高くなっているものもありました。

格安で、貴重な本が手に入ったことがうれしかったこともあり、届いてからその業者の方に、丁寧な対応への感謝の気持ちを書いたメールを送りました。すると、そのメールにも、とても丁寧な返信が届きました。

私は結局、定価よりかなりお買い得な金額でその人気のあるテキストを手にすることができたうえに、ネット上での誠意のあるやりとりができて、二重の喜びを手にしました。

ネット上でのやりとりは、主に文字だけの世界です。

行と行の間にどんな気持ちを込めるか、それが大切だと思います。

伝わるのは書かれた文字だけではありません。

私は、その業者の方の、短い返信のメールの中に、何か、人間らしい温かみを感じました。マニュアルで通り一遍の返信メールを書かれたのではなく、届いたメールにその方の気持ちで返事を書かれたのだろうな、とわかりました。

こういうやりとりができる方は本当に素敵だな、と思います。また、機会があればお取引させていただきたいと思いました。

だけど、メールも含めて、ネット上の言葉のやりとりは、読む人の感情にも影響され、時に、間違ったニュアンスで受け取られる危険性もはらんでいます。

私自身、何度も、苦い経験をしました。「そんなつもりで書いていない」のに、それがどうしても伝わらないもどかしさも知っています。

顔を合わせて会話をした時ですら、誤解を生じることは多々ありますので、ましてや、表情も見えない文字だけのネットの世界ならば、なおのこと、文章を使って、正確に相手に気持ちを伝えるスキルや、、相手の気持ちを正確に読み取るスキルが求められている気がします。ずっと前にも書きましたが、いわゆる「アドバンストリテラシー」ですね。

以前、教師としてではなくて、パソコンスクールの経営者としてとして、高校生の前でお話する機会があったときに、これからの時代に一番力をいれて勉強してほしい教科、にも「国語」を挙げました。メールの送受信は誰でもすぐに上達できますが、文章力は簡単にはつきませんからね。

その文章に誠意がこもっているかどうか、は、読み手が決めることです。

「心を込めて書いたのに」という言い訳は通用しません。伝わらなかったのは、伝え方が未熟だった自分に責任があります。

それはその1通のメールだけではなく、それまでにそのメールの相手とどういう付き合い方をしてきたか、にもかかっているのかもしれませんが。

「あの人のことだから、何か書き間違えたのではないか」と思ってもらえるような人物に、普段からならないといけませんね。

| | コメント (0)

2012/06/17

キッズの授業

キッズの授業、と書きましたが、実は、うちのスクールに、現在キッズの授業があるわけではありません。

何名かの小学生、中学生(習い始めは小学生だったんですが)のお子さんたちが来られていますが、みんな大人と同じ時間帯に、授業をうけていただいています。

今日は父の日でした。

昨日来た小学5年生のK君は、クリップアートと、図形描画機能を使って、お父さんの似顔絵入りのカードと、それから、肩もみ券を作りました。(ケロ子のスクール日記参照)

Image1
お父さんの似顔絵は、お迎えに来られたお母さんも、びっくりされるほどよく似ているようです。私たちも何度かお会いしていますが、よく雰囲気がつかめていると思います。

実は、このイラストは、クリップアートにあるのです。メガネと、ひげの少し足りない分をK君が自分で書きくわえたというわけです。

K君は、小学1年生から通ってくれていますので、もう4年来てくれていることになりますね。

3月には、1年間仲良くしたクラスメイトの写真を使って、パワーポイントでスライドショーを作って、クラス替え前の思い出を作ったり、先月の母の日にも、お母さんにあてたカードを自分のアイディアで作ったりもできるようになりました。

小学生の低学年の授業は断られる教室様も多いと聞きますが、うちでは、ひらがながちゃんと読めて、60分の時間を、ある程度集中できそうなお子さんなら、来ていただいています。子供向けに、という特別なカリキュラムを用意しているわけではありません。

むしろ、大人と同じような課題を、大人と同じ時間帯に、一緒に授業を受けていただいています。ただ、大人と同じ課題を作りながら、時々、自分の学校生活に役立つようなもの、今回のように、お父さんやお母さん、担任の先生などにプレゼントできそうなカードを作ってもらったり、と。楽しい作品づくりにつなげていくようにしています。

小さいお子さんでも「万障お繰り合わせのうえ」なんて入力しますが、意味も、「いろいろ、用事があると思うけど、なんとか都合つけて」などと、子供さん向けに意味をかみくだいて説明しながら、入力をしてもらっています。

みんな、普段使わない、そのような言葉も、きちんと説明してあげれば、「ふ~ん」と言いつつ、入力してくれます。今は使えなくても、そのうち、あぁ、大人の人ってこんな風にお手紙や文章を書くんだね。とか、感覚的につかんでくれたらいいと思っています。

最初はローマ字入力のタッチタイピングを練習しますが、うちの練習方法にはちょっと工夫があって、ローマ字が読めなくてもまったく困らないようにしてありますので、小学1年生のお子さんなら、ほんの2~3時間くらいで、ローマ字入力でタッチタイピングができるようになります。

タイピングのスキルは、一度身に着けると一生ものですので、これから先大人になっても、少なくともパソコンが苦痛、ということにはならないと思います。

ところで、今日は、タブレット講座の日でもありました。

いつものごとく、楽しく、わいわい、がやがや、お互いに教えあいながら、2時間があっという間に過ぎていきました。

なんだか、回を追うごとに、毎回顔を合わせられるので、みなさんが親しくなっていかれるのがわかります。やはり、1か月に1回、こうして、みんなで集まっていろいろ話しながら進めていくこの授業がとても楽しい、とのことでした。

今日は、前回のネットプリントの続きの授業を行ったのですが、少しトラブルがあって、おひとりの人の操作が済むまで待っていただいていたのですが、その間も、とてもにぎやかなおしゃべりが続いていて、お茶を飲みながらゆっくりすすめました。

そのあとはスケジュール管理で予定を入れたり、ToDoリストを作ったりするのをやっていただきました。さっそく、パソコン教室の授業の予約を入力されていましたよ。

タブレット講座の様子は、カエル通信でもご紹介していますが、読まれた方から、さっそく、数名、体験講座のご希望を承っています。

すでにスマホをお持ちの方も、講座を検討してくださっているようです。

来月以降、タブレット講座も回数を増やして2期生、3期生と募集していこうと思っています。

このブログも、タブレットのことで更新することが多くなっていたので、今日はあえて、別の話題をメインにして更新してみました(笑)

| | コメント (0)

2012/05/20

シニアのタブレット講座~勉強が楽しい~

今日はタブレット講座の4講座目です。

撮影した写真でスライドショーを出したり、メールで送る、という内容です。

みなさんのタブレットにはすでに、たくさんの写真が入っていました。あちこちでかなり撮影されたのですね。

それらを使ってタブレットでスライドショーを表示され、とても喜んでいただきました。

今日も、集まられると、ケースのお話や、画面に貼るフィルムのお話、それからタッチペンのお話、などなど、いろいろな話題が元気に飛び交っておられました。

今日、おっしゃっていた一言でとても印象に残ったのは、

「やっぱり、こういう勉強が楽しいね~~!」

という一言。

新しいことを覚えよう、とするのは不安も多いかもしれませんが、逆に、わくわくする気持ちでいっぱいでもあります。

実は、ゲームのアプリもけっこうダウンロードして楽しまれていたのですが、それらも、もう消してしまわれたとのこと。

やっぱり、いろいろ、新しい機能を学ぶほうが楽しい、ということのようでした。

「パソコンは、作品や書類をつくったりするため」に、そして「タブレットはちょっと調べ物をしたり、メールやブログのチェックをしたり」、そんな使い分けも上手にできておられました。

さすがですね。

最近、携帯電話ショップに用があって行ってきたのですが、そこで、タブレットの前を行ったり来たりして、ためらいながら機器を手にされている年配の男性の姿を何人かみかけました。

購入を検討されているようだなぁ、と思いましたが、やはり使いこなせるかどうか、不安があるのかもしれませんね。

今日の講座も、いろいろ話題満載、笑顔満載、楽しい笑い声のうちに時間がきてしまい、予定した内容はまた次回に、ということになりました。

今日の講座の中で、みなさんに喜んでいただいたことの一つ、テキストにはなかったのですが、私がとても役に立ったので、ご紹介したアプリがありました。

Traintimer「Train Timer」という、電車やバスの時刻を教えてくれる単純なアプリですが、表示が大きくて見やすく、私自身はとても気に入って最近よく使っています。

みなさんも、さっそくダウンロードしてみられて、「これで、またさらにタブレットが便利に使えるようになった!」ととても気に入ってくださったようです。

次回、6月は、カレンダーやスケジュールアプリの使い方、です。

今、この講座を4回まで進めてきて、みなさんがほんとに生き生きと楽しまれているご様子を拝見しているので、本当はもっともっとたくさんの人に楽しんでいただきたい、という思いがあります。

時間の都合ができたら、また、次の2期生を募集していきたいと思いますので、ご興味のある方はどうぞお知らせくださいね。

パソコンスクール庚壬塾では、毎月、1回のペースで楽しいタブレット・スマートフォン講座を開催しています。

今後の開催予定は以下のページから。

また、福岡県外で、受講をご希望の方は、同ページ内のパートナー校のリストよりお近くの教室にお問い合わせください。

それぞれの教室で、楽しくわかりやすいスマホ・タブレット講座を開催中です。

今後の開催予定および、全国のスマホ・タブレットのスクールのパートナー校の一覧はこちら

| | コメント (0)

2012/04/29

7回目の懇親会

Konsinkai_2今日、4月29日、こうしんじゅくの7回目の懇親会を開催しました。

GW中なのでどれくらい参加していただけるかなぁ、と少し心配でしたが、例年どおりに、たくさんの方にご出席いただくことができました。

今回の参加者の平均年齢は64歳。なんだか年々、高くなってる気がしますね(笑)
今年の最高齢の方は84歳のHさんでした。(あ、毎年最高齢を更新してくださっていた小郡校のNさん88歳も、ご参加いただく予定でしたが、急な所用のため、残念ながら今回は欠席されました。)

ちょうど今日がお誕生日の当日、というIさんに、お花のプレゼントをお渡しして、会をスタートさせました。

今回はいつもと違って、1次会の中にカラオケのご用意をしておりました。皆さん、次々と曲の予約を入れてくださって、あっという間の3時間でした。時間の関係もありましたので、まだまだ歌い足りない方もおられたことと思います。

84歳のHさんは自ら手をあげてのトップバッター。さすが!と会場の皆さんを驚かせるくらいのパワフルな声量のある素晴らしい美声を聴かせていただきました。

今日は、普段、お会いしない小郡校の皆さんとも、いろいろお話をさせていただき、とても楽しく受講してくださっているご様子をお聞きし、本当にうれしく思いました。

毎年思うのですが、ほんとにこの会の平均年齢60歳超えてるの?と思うほど、にぎやかで元気いっぱいの楽しい会でした。

いろいろ、行き届かないこともたくさんあったと思いますが、皆様のご協力のおかげで、とても和やかで楽しい懇親会が開催できました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

自己紹介の中でそれぞれの方が目標にされていることや、どんな気持ちで通ってくださっているかをお聞きました。

皆さんのお気持ちに少しでもお応えできるようなパソコンスクールでありたいと、スタッフ一同、気持ちを新たにしました。

解散される際、「今度はカラオケ同好会をやりましょう!」というお約束もいたしましたので、ぜひ、近々、そちらも開催したいと思っています。

今日は本当にありがとうございました。

なお、今日の様子はまた、懇親会だよりにて、皆様に配布させていただきます。

どうぞお楽しみに~♪

| | コメント (0)

2012/04/17

フルートを始めました

20120417_180623
こんにちは。金丸です。

フルートを習い始めることにしました。

ブログや、Facebookなど、プロフィールを書く機会があると、趣味は「ドライブとフルート」と書いています。(このブログのプロフィールにもそう書いています)ところが、実際にフルートをここ15年くらい吹いていなかったので、正直、スタッフは私の趣味を疑っていたようです(笑)

というわけで、ということでもないですが、もう一度、フルートを始めることにしました。そんなことをしている場合ではない、という声も聞こえてきそうですが、この際無視します(笑)

学生時代は勉強より、はるかに多くの時間を時間を費やして楽器の練習していたと思いますが、さすがに、今はそんなことができないので、仕事の合間の息抜きになれば、と思っています。

アットホームな感じで教えていただけそうな先生がおられたので、月に何度か通わせていただくことにしました。

先生のところで、楽器の音程を合わせるためのチューナーに、iPhoneのアプリを出されたので、なるほど、今風だなぁ、と感心。正式な機材もお持ちだと思いますが、ちょっと音を合わせたい、っていうときに、ポケットからすっとスマートフォンが出てくるなんて、ほんとに時代は変わったんだなぁ、と実感しました。

チューニングのメーターは、私の吹いたA(ラ)のピッチが少し高くなっていることをちゃんと示していました。

Androidにもあるのかな、と思って、戻ってから、私もGoogle Playで探してみたところ、ありました、ありました。立派なチューナーのアプリを見つけました。なんと、無料です。

フルートは音程がとても不安定な楽器で、私のように下手で、あまり音感もよくないと、吹く音ごとに音程が上がったり下がったりするので、チューナーも、すべての音でチューニングできるクロマティックチューナーというのが必要だったのですが、昔、一生懸命練習していたころには、こういうチューナーも自分で購入して音合わせをしていたのですが、けっこう高かった記憶があります。

あと、テンポをとるためのメトロノームも、これまた無料でゲット。

昔はこんなのも、買っても買っても、すぐに微妙に狂ってきて、何度も買いなおしたものでしたが・・・。

そんなこんなで、あまりお金をかけずに練習ははじめられそうなのですが、はてさて、どうなりますことやら・・・。そのうち、楽器にお金がかかるかもしれませんね。何せ30年も前に購入したほとんど骨董品といってもいいレベルの代物ですし・・・。

若いころのような体力もないし、腹筋も肺活量も衰えているので、少し練習することで、健康維持に少しでも役立てばいいかな、と思っています。

ま、とにかく、しばらくはリハビリというか、以前の感覚が戻るまでに相当時間がかかると思いますので、気長に楽しみます。

さっそく、練習用の楽譜もいただいたので、ほんとにゆっくりゆっくり、練習を開始しました。

1年後くらいに、懇親会でかくし芸としてご披露できるようになることを、とりあえず目指します(笑)

| | コメント (0)

«11周年